より安全に。快適にブラウジング(iOS/OS X)

 みなさんが普段何気なく日々利用しているインターネット。Macをお使いならほとんどウィルスなどの脅威にさらされずに済みました。今まではWindowsを狙った形のウィルスやマルウェアだったからです。つい先日ヤマト運輸の「お届け予定eメール」を装った不審メールがたくさん出回る騒ぎがありました。差出人のメールアドレスが本物を偽装していたため、慣れていない人が見ると思わず開いてしまうものでした。このメールをiPhoneで正しく設定していない方が受信した場合、さらに騙されやすいです。ウィルスファイルが添付されていて、これがWindowsでしか発症しないexeファイルというものだったのでApple製品の場合は実被害には合うことはありませんが、知らなければ受け取っただけで心配になりますよね。
 最近は事情がだいぶ変わってきて、MacやiPhoneを狙ったものや利用環境に関係なく、感染したり情報が漏えいしたりする危険に常にさらされています。理解していない人が当然標的にされています。

どう未然に防ぐ?
ウィルス、マルウェア、偽装サイト、偽装広告、スパムメール、偽装アプリなどなど脅威が蔓延しています。Facebookに表示される記事も皆さんを狙ったものかもしれません。わかりやすいものあれば、全くわからないように巧妙に仕組まれてるものまであります。これらの脅威から少しでも未然にトラブルを防ぐために、ユーザ自身が自分で身を守ることが求められます。自分はそういうの気にしないという人も、ご自身の家のインターネット回線やMacやiPhoneが踏み台にされて、他人に迷惑をかけることも考えられます。それが原因で大きなトラブルに発展した場合、元となった方の責任になります。
日本人は実世界で安全に慣れていることもあり、世界的に見てもこうしたネット上のことに関して無頓着で、有名な大企業でさえ危機意識が低いです。インターネットは世界常識で成り立っています。
 ご自宅のネット環境から、MacやiPhoneの状態、普段のご利用状況などの診断から、個々にあった対策のご相談承り中です。こうした脅威から少しでも身を守る環境を整えて、基礎的な知識を身につけて、より安心して快適なデジタルライフを過ごしましょう。


Spotlight 検索
MacやiPhone/iPadで長年愛用されてきたメタデータ検索機能Spotlight。Macではメールやファイルなどを検索する際に利用することがほとんどの使われ方ではないでしょうか?しかも大抵はファイル名で探していませんか?でも、確か先週作ったはずなのにファイル名は忘れてしまったという曖昧な記憶しかない場合はどうでしょう?検索条件に「作成日が1週間以内」と指定すればその期間に作成された書類だけを抽出して一覧を表示してくれます。OS X 10.10(Yosemite)ではSpotlightが大幅に機能強化され、iTunesやAppStore内の検索、単位変換や計算、辞書やアプリ起動まで可能に。単位変換は「1ドル」や「1メートル」など入力すると、それを別の国の通過や単位に変換してれます。数式を入力すれば計算結果を表示してくれます。辞書の検索結果を表示してくれる機能も搭載。OS X 1 0 . 1 1 ( E lCapitan)ではさらに多くの種類のデータを調べることができます。試しに「天気」と入力してみましょう。ちなみにiOS 9を利用のiPhoneやiPadでも同様のことが可能です。

クラウドフォン(インターネットフォン)のお問い合わせ
エックスグラビティへのクラウドフォン(インターネットフォン)のお問い合わせはこちら


Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Written by